Longing

おたくの雑記帳

あなたのいたジャンお気に入り一大事アンケート参考用ページ

この度は私の思い付きで作った「あなたのいたジャンお気に入り一大事アンケート」に参加してくださってありがとうございます!

もしくはこのページからご覧になったという方、私のブログに興味を持ってくださってありがとうございます!よろしければこの「あなたのいたジャンお気に入り一大事アンケート」に参加してくださると嬉しいです!

docs.google.com

 

このページはアンケートの項目では細かい情報まで載せきれないが、これまでのおさらいをしたい or この回のタイトルだけでは内容が分からない!という人もいると思います(多分)ので一覧にまとめてみました。

あまりに多すぎて見辛いですが、参考までにということでそこはお許しくださいm(_ _)m

 

以下よりスタート

 

2014年12月

パイロット版第1回 2014年12月30日「寝起きドッキリ50m走」 全員

→「国民プロデューサーの皆様から企画をいただき、芸能界の頂を目指す」というテーマで始まった第一回放送。「寝起きドッキリ50m走」は関ジャニ∞大倉さんにいただいた企画。

 

パイロット版第1回 2014年12月30日「1/9 陸上5000m記録に挑戦!!」 全員

→同上。「1/9 陸上5000m記録に挑戦!!」はオアシズ大久保さんからいただいた企画。協力して走ることで女子世界記録を超える結果を残した。(1/9と銘打っているが、薮は脚負傷中でドクターストップがかかっていたため参加せず)

 

2015年

6月

パイロット版第2回 2015年6月10日「寝起きの子供に夢の中と信じさせて苦手を克服させろ!」 知念・高木・八乙女

→夢中企画第1回。八乙女がピーマンの精に扮してピーマンが苦手な子供の夢の中(という設定の世界)に登場し、苦手を克服させた。

 

パイロット版第2回 2015年6月10日「消滅の危機!?ダメダメご当地ヒーローショーに出演して全力で盛り上げろ!」 山田・岡本・伊野尾・薮

→ゆるゆるなご当地ヒーローショーにアドバイスして盛り上げる企画。4人は悪役としてヒーローショーに出演した。

 

7月(レギュラー放送開始)

第1回 2015年7月8日「今日1日 パパを知らない女の子のために最高のパパになれ!」 山田・伊野尾

→両親が離婚し父親の存在を知らない女の子に山田が寄り添い、伊野尾はサポートに回って「本当にお父さんがほしいのか?」と本音を引き出した。

 

第2回 2015年7月15日「検証!東京23区内にある富士見坂で富士山が見える坂は無くなった!?」 中島・有岡

→東京23区内の「富士見坂」という名前の坂の上まで駆け上がり、名前の通り今でも富士山が見えるのかを調査した。

 

第3回 2015年7月22日「この3人ということは…夢の中と信じさせて苦手を克服させろ!」 知念・高木・八乙女

→夢中企画第2回。八乙女が犬の精に扮して犬が苦手な子供の夢の中(という設定の世界)に登場し、苦手を克服させた。

 

第4回 2015年7月29日「ホームシックの外国人 アンゴラのおふくろの味を日本の食材で再現せよ!」 山田・有岡・薮

→ホームシックの外国人のためにアンゴラのおふくろの味「カルル」を日本の食材でそっくりに再現した。

 

8月

第5回・第6回 2015年8月5日、12日「街が大パニック!?動物園のユルユル捕獲訓練に参加して気合を入れろ!」 知念・高木・伊野尾・八乙女

→動物園のユルユル捕獲訓練に喝を入れるため、八乙女は隊長、他3人はそれぞれ動物に扮して捕獲訓練に参加した。

 

第7回 2015年8月19日「検証!!人は「心霊スポット」にそうと知らずに行っても恐怖を感じるのか!?」 知念・岡本・薮

→「Hey!Say!JUMPの名を後世に残せるチャンス!!新種のアリを捕獲せよ!」という偽企画だと思い込んでいる知念と岡本を心霊スポットに連れていき、どう感じるのか薮がモニタリングした。

 

9月

第8回 2015年9月2日「夏休み特別検証!!山田涼介が決める最恐の吊り橋!」 薮・山田

→高所恐怖症の山田が吊り橋の恐怖度をランキング付け。薮はサポート役。

 

第9回 2015年9月9日「体を張って検証せよ!バイキングはどれくらい食べれば元が取れる?」 中島・岡本・有岡

→バイキングで元を取るためには何をどれくらい食べたらいいのか?を中島・岡本が選び有岡が食べて検証した。

 

第10回 2015年9月16日「夏に売り上げが下がる洋菓子店を自作のウェルカムボードで救え!」 岡本・高木・伊野尾

→洋菓子店のケーキを宣伝するためのウェルカムボードを3人がそれぞれ作成。どのボードが一番集客効果があるかを競った。

 

10月

第11回 2015年10月14日「9人の力を合わせればボウリングでパーフェクト達成できる!?」 全員

→ボウリングで9回連続ストライクを出すことは可能か、3人ずつ投げてそのうちの誰か一人でもストライクを出せればOKというルールで調査。失敗に終わった。

 

第12回 2015年10月21日「寝起きの子供に夢の中と信じさせて苦手を克服させろ!」 高木・伊野尾・薮

→夢中企画第3回。高木がゴーヤの精に扮してゴーヤが苦手な子供の夢の中(という設定の世界)に登場し、苦手を克服させた。

 

11月

第13回・第14回 2015年11月4日、11日「食欲の秋!都内のデカ盛りのお店で1番ハイカロパなお店を教えて!」 山田・知念・有岡・八乙女

→ハイカロパ第1回。ハイカロリーでコストパフォーマンスのよいデカ盛りを求めてひたすらデカ盛りを食べた。

 

第15回 2015年11月18日「大きいっていいですネ!都内で一番大きくて買いやすい犬を探せ!」 中島・有岡・高木

→都内の大型犬に実際に会いに行って、大きさを計ってランク付けした。

 

第16回・第17回 2015年11月25日、12月2日「実は番組が一大事!!視聴者の依頼を全員で出来るだけ解決せよ!!」 全員

→番組に届いたたくさんの一大事が解決できないことが一大事!スタジオで16個の一大事を2週に渡って一気に解決した。

 

12月

第18回 2015年12月9日「久しぶりの体力系企画!東京23区の急な坂はどこまでママチャリで上れるのか!?」 高木・薮

→電動アシストのないママチャリで急な坂はどこまで上れるか?を調査した。

 

第19回 2015年12月16日「今夜はメンバーの不満を一挙解決!」 全員

→2015年レギュラー放送最後の回はみんなで鍋を囲んで今年一年の振り返り。さらにメンバーどうしの不満も解決した。

 

いただきSUPERハイジャンプ(第20回) 2015年12月30日「本当に怖いの!?山田が決める最恐の吊り橋 in 山形」 山田・薮

→年末スペシャル放送。吊り橋調査第2回。山形にさらに怖い吊り橋があると聞き、足を伸ばして調査した。

 

いただきSUPERハイジャンプ(第20回) 2015年12月30日「おいしい牛タンを作れ!」 有岡・伊野尾・八乙女

→年末スペシャル放送。スタジオゲストのTOKIO・長瀬のために斬新なおいしい牛タンの食べ方を調査した。

 

いただきSUPERハイジャンプ(第20回) 2015年12月30日「JUMPのカラを破れ!」 全員

→年末スペシャル放送。スタジオゲストのTOKIO・長瀬曰く「JUMPはカラを破っていない」ということで、全員で足ツボ綱引きに挑戦した。

 

2016年

1月

第21回 2016年1月13日「寿司業界に革命!?東京湾の深海魚を獲って!握って!食らえ!!」 山田・高木

→新しい寿司ネタを探すため、あまり食べられていない深海魚を捕獲して寿司ネタになるものはあるかを調査した。

 

第22回 2016年1月20日「茨城県からの緊急要請!!自作のウェルカムボードで県の魅力をPRせよ!」 中島・伊野尾・八乙女

→茨城のアンテナショップを宣伝するためのウェルカムボードを3人がそれぞれ作成。どのボードが一番集客効果があるかを競った。

 

第23回 2016年1月27日「寝起きの子供に夢の中と信じさせて苦手を克服させろ!」 岡本・八乙女・薮

→夢中企画第4回。薮がパプリカの精に扮してパプリカが苦手な子供の夢の中(という設定の世界)に登場し、苦手を克服させた。

 

2月

第24回 2016年2月3日「運動オンチとは言わせない!第1回いたジャン大運動会」 岡本・高木・八乙女

→「長期プロジェクト始動!目指せ!体脂肪5%究極の細マッチョ!!」という偽企画に召集され激しい筋トレを受けた後、筋肉痛のピークに苦しめられる3人でいたジャン運動会を開催した。

 

第25回 2016年2月10日「直接触れて測定せよ!千葉全域で最も大きな大型犬を探し出せ!!」 知念・有岡

→千葉県の大型犬に実際に会いに行って、大きさを計ってランク付けした。

 

第26回・第27回 2016年2月17日、24日「ビビリ三銃士が決める!日本一の絶叫マシン!!」 山田・中島・伊野尾

→ビビリな3人でそれぞれナガシマスパーランド富士急ハイランドの絶叫マシンに乗り、日本一の絶叫マシンを決定した。

 

3月

第28回 2016年3月2日「冬にピッタリ!極寒の中で1番あったまる料理を探せ!」 有岡・高木・八乙女

→極寒の冷凍車の中でどの食材が最も体が暖まるか、実際に食べて調査した。

 

第29回 2016年3月9日「寝起きの子供に夢の中と信じさせて苦手を克服させろ!」 岡本・八乙女・薮

→夢中企画第5回。八乙女と薮がそれぞれピーマンとバナナの精に扮してピーマンとバナナが苦手な子供の夢の中(という設定の世界)に登場し、苦手を克服させた。

 

第30回 2016年3月16日「あらゆる手を使って世界チャンピオンに勝て!!」 山田・知念・伊野尾

→反則勝負第1回。オセロとビリヤードで卑怯な手を使って世界チャンピオンに挑んだ。

 

4月

第31回 2016年4月13日「春だから出会いたい!デカ盛りハイカロパ!」(岡本)・有岡・高木・八乙女

→ハイカロパ第2回。ハイカロリーでコストパフォーマンスのよいデカ盛りを求めてひたすらデカ盛りを食べた。途中から呼び出された岡本も助っ人として参加していた。

 

第32回 2016年4月20日「リニューアルで大忙しの水族館を!1日飼育員となって救え!(知って得する水族館の情報を集めろ!)」 山田・岡本・高木

→水族館で飼育員の手伝いをしながら、反応のいい高木で山田と岡本は水族館の情報を集めた情報を試した。

 

第33回 2916年4月27日「寝起きの子供に夢の中と信じさせて苦手を克服させろ!」 知念・中島・岡本

→夢中企画第6回。3人がそれぞれプチトマトとケチャップとトマトの精に扮してトマトが苦手な子供の夢の中(という設定の世界)に登場し、苦手を克服させた。

 

5月

第34回 2916年5月4日「反則上等!!あらゆる手を使ってクイズ王に勝て!」 山田・高木・薮

→反則勝負第2回。クイズと将棋で卑怯な手を使ってチャンピオンに挑んだ。

 

第35回 2016年5月11日「体を張って確かめろ!あなたの街にもきっとある!?ちょこっとミステリースポット」 山田・知念・有岡

→投稿された「ちょこっとミステリースポット」に向かい、その正体を調査した。

 

第36回 2016年5月18日「絶品グルメを食べまくれ!超高級店のランチ事情を調査せよ!」 中島・伊野尾・八乙女・薮

→超高級店のランチを掛けて値段を推理し、当てた人だけがランチを実際に食べた(外した人はその語クイズにも参加できない)。

 

いただきSUPERハイジャンプ(第37回) 2016年5月26日「自転車に乗れない男の子を今日1日で乗れるようにしてあげよう!!」 中島・有岡・薮

→黒子企画第1回。男の子が自転車を乗れるようにするために、中島が自転者の妖精・チャーリーに扮して姿を見せずにサポートした。

 

いただきSUPERハイジャンプ(第37回) 2016年5月26日「ビビリな男の子の初めての留守番をサポートしてあげよう!」 岡本・高木・八乙女

→黒子企画第2回。男の子を留守番ができるようにするために、高木が枕の妖精・マー君に扮して姿を見せずにサポートした。

 

6月

第38回 2016年6月1日「寝起きの子供に夢の中と信じさせて苦手を克服させろ!」 知念・中島・岡本

→夢中企画第7回。3人がそれぞれ焼きピーマンとステーキととうもろこしの精に扮して肉が苦手な子供の夢の中(という設定の世界)に登場し、苦手を克服させた。

 

第39回 2016年6月8日「ジューンブライドの新定番!?ちょい足し結婚式を提案せよ!」 山田・中島・有岡・八乙女

→メンバーがそれぞれ新郎新婦の格好をし、結婚式が盛り上がるちょい足しを試した。

 

第40回 2016年6月15日「大きいっていいですよね?神奈川県最大の超大型犬を調査せよ!」 知念・有岡

→神奈川県の大型犬に実際に会いに行って、大きさを計ってランク付けした。

 

第41回 2016年6月22日「反則上等!!あらゆる手を使ってかるた女王を倒せ!」 山田・高木・薮

→反則勝負第3回。百人一首とゲーム(ストリートファイターV)で卑怯な手を使ってチャンピオンに挑んだ。

 

第42回・第43回 2016年6月29日・7月6日「これで夏バテ知らず!デカ盛りハイカロパ!!」 山田・知念・中島・伊野尾・(中山優馬)

→ハイカロパ第3回。ハイカロリーでコストパフォーマンスのよいデカ盛りを求めてひたすらデカ盛りを食べた。中山優馬も助っ人として参加した。

 

7月

第44回 2016年7月13日「縄跳び嫌いの男の子を今日1日で10回飛べるようにしてあげよう!!」 知念・伊野尾・八乙女

→黒子企画第3回。男の子が縄跳び10回を跳べるようにするために、八乙女が木の妖精・キノッピーに扮して姿を見せずにサポートした。

 

第45回 2016年7月20日「脱落グルメ 超くい亭」 全員

→出てくる食べ物の値段を予想し、正解すると試食、外すと脱落するゲームを八乙女を除く8人で2人ずつの4チームに分かれて争った(八乙女は司会)。

 

第46回 2016年7月27日「FNS27時間テレビフェスの舞台裏に密着 生放送でスーパーダンクを決めろ!!」 全員

27時間テレビのスーパーダンクの練習から本番後までの裏側密着。

 

第46回 2016年7月27日「ぷよぷよのチャンピオン相手でも反則を使えば勝てる?」 山田・高木・薮

→反則勝負第3回おまけ。ぷよぷよで卑怯な手を使ってチャンピオンに挑んだ。

 

8月

第47回 2016年8月3日「反則上等!!あらゆる手を使ってタイピング女王を倒せ!」 知念・有岡・八乙女

→反則勝負第4回。タイピングと金魚すくいで卑怯な手を使ってチャンピオンに挑んだ。

 

第48回 2016年8月10日「寝起きの子供に夢の中と信じさせて苦手を克服させろ!」 有岡・高木・伊野尾

→夢中企画第8回。有岡と高木がトマトの精と磯レンジャーに扮してトマトが苦手な子供の夢の中(という設定の世界)に登場し、苦手を克服させた。

 

第49回 2016年8月17日「ブームすぎて一大事!猫嫌いが選ぶイチバン可愛い猫」 有岡・八乙女・薮

→猫嫌いの八乙女が猫とふれあい、猫嫌いでも可愛いと思う猫をランク付けした。

 

(いただきハイジャンプ JUMPと子供の夏休みSP 2016年8月20日)

→VTRは新しいものはなかったがスタジオトークは新録された。(放送されたVTR:2015年7月8日放送 「今日1日 パパを知らない女の子のために最高のパパになれ!」(山田・伊野尾)・2016年5月26日放送 「自転車に乗れない男の子を今日1日で乗れるようにしてあげよう!!」(中島・有岡・薮)・2016年7月13日放送 「縄跳び嫌いの男の子を今日1日で10回飛べるようにしてあげよう!!」(知念・伊野尾・八乙女))

 

第50回 2016年8月24日「鉄棒嫌いの男の子を今日1日で逆上がりができるようにしてあげよう!!」 高木・八乙女・薮

→黒子企画第4回。男の子を逆上がりができるようにするために、八乙女が鉄棒の妖精・テツヤに扮して姿を見せずにサポートした。

 

第51回 2016年8月31日「寝起きの子供に夢の中と信じさせて苦手を克服させろ!」 有岡・高木・伊野尾

→夢中企画第9回。高木と伊野尾がナスの精とナスの国の王子様に扮してナスが苦手な子供の夢の中(という設定の世界)に登場し、苦手を克服させた。

 

9月

第52回・第53回 2016年9月7日、14日「視聴者の依頼をできるだけ解決せよ!」 全員

→番組に届いたたくさんの一大事が解決できないことが一大事!スタジオで16個の一大事を2週に渡って一気に解決した。

 

10月

第54回 2016年10月12日「スポーツの秋!黒子に徹して子供の力になれ!」 有岡・八乙女・薮

→黒子企画第5回。男の子を逆上がりができるようにするために、有岡が跳び箱の妖精・トビーに扮して姿を見せずにサポートした。

 

第55回 2016年10月19日「反則上等!!あらゆる手を使ってダーツチャンピオンを倒せ!」 山田・高木・薮

→反則勝負第5回。ダーツと五目並べで卑怯な手を使ってチャンピオンに挑んだ。

 

第56回 2016年10月26日「この秋オススメ!○○すぎるバスツアー」 有岡・高木・八乙女

→八乙女扮する「山本美月に似すぎているバスガイド」と○○すぎるグルメを巡った。

 

11月

第57回 2016年11月2日「JUMPが体を張って確かめる!マユツバ調査隊!」 岡本・伊野尾・八乙女

→巷にあふれる噂は本当か、体を張って検証した。

 

第58回・第59回 2016年11月9日、16日「いいね!のピンチ!?今までにない自撮りに挑戦!」 知念・中島・有岡・伊野尾

SNSで「いいね!」が貰える写真を試行錯誤して撮影した。

 

第60回 2016年11月23日「自転車に乗れない男の子を今日1日で乗れるようにしてあげよう!!」 知念・中島・薮

→黒子企画6回。男の子を自転車が乗れるようにするために、薮が自転車の妖精・チャリ男に扮して姿を見せずにサポートした。

 

12月

第61回 2016年12月1日「反則上等!!あらゆる手を使って駐車プロを倒せ!」 山田・高木・薮

→反則勝負第6回。駐車と電卓計算で卑怯な手を使ってチャンピオンに挑んだ。

 

第62回 2016年12月7日 全員

→反則勝負第7回。ドリブル阻止と綱引きをメンバー全員で卑怯な手を使ってチャンピオンに挑んだ。

 

第63回 2016年12月14日「遂に山田が初挑戦!?子供苦手克服ロケ その前に自分の苦手を克服せよ!」 山田・知念・伊野尾

→まだ一度も苦手克服ロケに行ったことがない山田自身の苦手を克服させた。

 

年末人助け大放出SP(第64回) 2016年12月29日「視聴者の恋を叶えるため 世界一過酷な恋愛祈願in 中国」 有岡・高木

→視聴者の恋を叶えるため、恋愛祈願をしに中国の山を2日掛けて登った。

 

年末人助け大放出SP(第64回) 2016年12月29日「自転車に乗れない男の子を今日1日で乗れるようにしてあげよう!!」 山田・中島・伊野尾

→黒子企画7回。男の子が自転車に乗れるようにするために、山田が自転車の妖精・チャリ介に扮して姿を見せずにサポートした。

 

2017年

1月

第65回 2017年1月11日「いただきハイジャンプ年末SP もう一つの中国ロケ」 有岡・高木

→年末SPの中国ロケで放送されなかった他の企画を放送。

 

第66回 2017年1月18日「縄跳び嫌いの男の子を今日1日で10回跳べるようにしてあげよう!!」 中島・有岡・高木

→黒子企画8回。男の子が縄跳びを10回跳べるようにするために、有岡が縄跳びの妖精・トビーに扮して姿を見せずにサポートした。

 

第67回 2017年1月25日「怪しい噂の真偽を検証!マユツバ調査隊!」 中島・有岡・八乙女

→巷にあふれる噂は本当か、体を張って検証した。

 

2月

第68回・第69回 2017年2月1日、8日「もうすぐバレンタイン!冬のハイカロパ!?スイーツ」 知念・中島・高木・八乙女

→ハイカロパ第4回。重たくてコストパフォーマンスのよいデカ盛りスイーツ(ハイグラム)を求めて、女の子になりきるために女装してひたすらデカ盛りを食べた。

 

第70回 2017年2月15日「祝!いただきハイジャンプ2周年!皆さんにご褒美があります!それは5000円分の超高級品!」 山田・有岡・高木

→いただきハイジャンプパイロット放送から2周年のお祝いに、1つ1000円のプレゼントを5つプレゼント。オーバーした分は全員で働いて返した。

 

第71回 2017年2月22日「逆上がりできない男の子を今日1日でできるようにしてあげよう!!」 知念・有岡・八乙女

→黒子企画9回。男の子が逆上がりをできるようにするために、知念が鉄棒の妖精・逆野あがるに扮して姿を見せずにサポートした。

 

3月

第72回 2017年3月2日「いきなり生電話!? Hey! Say! オールナイトJUMP!!」 岡本・有岡

→番組に投稿された一大事をラジオ形式で投稿者に電話を掛けて解決した。

 

第73回 2017年3月8日「山田の手料理が味わえるのは1人だけ!!もっとも頑張ったメンバーは誰だ!?」 全員

→これまで最も頑張ってきた山田以外のメンバーを山田が決め、料理を振る舞った。

 

第74回 2017年3月15日「人生で一度は言ってみたい!お寿司屋さんで「おまかせで!」と言ったら何が出てくるの?」 中島・有岡・伊野尾

→お寿司屋さんで「おまかせで!」と言ったら何が出てくるのか、雰囲気の違う3店舗で検証した。

 

4月

第75~77回 2017年4月12日、26日、5月3日「コレダレドンピシャーナ」 全員

→MCの座を欠けて全員でコレダレドンピシャーナで勝負。第1回優勝者は知念。

 

5月

第78回 2017年5月10日「料理で奇跡を起こせ!サプライズな一品で告白を成功させろ!」 山田・知念・中島

→山田の料理を投稿者と2人のメンバーで手伝い、投稿者の「いつか一人暮らし」をしたいという告白のサポートをした。

 

第79回 2017年5月17日 「自転車に乗れない男の子を今日1日で乗れるようにしてあげよう!!」 伊野尾・八乙女・薮

→黒子企画10回。男の子が自転車に乗れるようにするために、伊野尾が自転車の妖精・シロくん(子供が命名)に扮して姿を見せずにサポートした。

 

第80回・第81回 2017年5月24日、31日「すべってすべってすべりまくれ!日本一の最速すべり台!!」 岡本

→日本全国の最も早いすべり台を求めて岡本が一人で検証した。

 

6月

第82回 2017年6月7日「反則上等!!あらゆる手を使ってドローンチャンピオンを倒せ!」 中島・岡本・有岡

→反則勝負第8回。ドローン風船割りとボウリングで卑怯な手を使ってチャンピオンに挑んだ。

 

第83~85回 6月14日、21日、28日 「コレダレドンピシャーナ」 全員

→MCの座を欠けて全員でコレダレドンピシャーナで勝負。第2回優勝者は山田。

 

7月

第86回 7月5日 「下積み中の若者に山田の手料理を振る舞ってほしい!!」 山田・高木・薮

→山田の料理を薮と高木がメンバーで手伝い、「下積みちゃん」のサポートをした。

 

 

以上。

私の担当の1人の話

お騒がせしてすみません、ツイッターでまとまらなかったからこっちで。

この4月から元々担当だった1人に加えて彼の担当になった、つまりは掛け持ち担のド新規が言うことでもない話なんだけど、私の担当の1人の話をします。この回りくどい言い方は全てエゴサ避けです。


今朝、3人のメンバーのドラマ出演が決定しました。今週末には私のもう1人の担当の彼の初出演初主演の映画が公開されます。他のメンバーもドラマやラジオや続々とお仕事を貰う中で、彼の担当さんが「○○くんにもお仕事ください」ってツイッターで呟くのをたくさん見ました。それって愛のある言葉だと思います。

かくいう私も、いろんなお仕事をしてほしいです。彼は歌が上手いのでその歌声を生かせるミュージカルだとか、頭の回転が速くて面白い話をするのでラジオとか、バラエティとか。ドラマで普段とは違う姿を見られるのもいいですよね。私は新人教員の役とかいいと思うんですよ。

でも、それって本当に彼がしたい、してみたい仕事なのか、と思ってしまうんです。

ここからはあくまで私が見て思っただけのことだから、必ずしもそうだと決めつけるわけじゃないです。G担になって7年、彼の担当になってからはまだひと月半なので知らないこともたくさんあります。

でも私は、彼に野心とか、売れたい!っていう強い思いがあるのだろうか、と不安になってしまうことがあるんです。

それは彼の仕事ぶりにやる気がないとか、手を抜いているという話ではないです。私には彼は真摯に仕事に、ファンである私たちに向き合ってくれていると感じます。ただ、なんでもそつなくこなすからそう見えてしまうだけなのかもしれないけど、私は不安になるんです。

私は彼のJr.の頃のことは知りません。かろうじて成人するころから知っているくらいで、デビューしてすぐのことも知りません。ただ、それでも彼は大所帯グループを取りまとめる立場にあって、それは私が思うよりずっと大変なことなのだと思っています。もしかしたら彼は、彼自身のことを考える時間よりも、グループを俯瞰で見つめなければいけない時間が長かったのかもしれないとも思います。

その2つを上手くどちらも、というのは難しい話なのかもしれません。私にはよく分かりません。

私が知った口で話すことではないかも知れませんが、彼は真面目で賢いひとだと思います。お茶目で、可愛いひとだと思います。彼の持つたくさんの魅力を、たくさんの人が知っています。私以上に彼の魅力を知っている人なんて山ほどいます。その魅力を知っているから、あんなことしてほしい、こんなことしてほしい、って願望が出てくるのだと思います。たくさんの人が彼の持てる能力を知っていて、彼の可能性を信じています。

けれど、それを彼自身がどこかで諦めているのでは、と感じてしまうことがあるのです。彼はそれなりに大概のことをそつなくこなす人です。とても器用なんです。それだからそう見えるだけだと思いたいけれど、たまにですけど、彼自身は自分の可能性をどう思ってるのだろう、と不安になります。そのたびに、たくさんの魅力を知っているからこそ悔しいです。たくさんの人ができると信じているのに、きっとできるのに、と。


私は彼のことを尊敬しています。彼の生き方を愛しています。彼の生き方は簡単に誰かが真似できるようなまのではないとも思います。

最近深く関心したのは、話自体は少し前のことですが誰にも言わずに通信制の大学を受け、見事合格したことです。個人的な話をしますが私は昨年浪人生でした。その経験から、誰にも目標を言わずにそれを達成するには強い気持ちがないとできないと思うのです。

その他にもたくさんあります。小さなことだけど、たくさんいるファンの目を一人ひとり見てくれることだとか、歌にかける思いが人一倍強いことだとか。私は彼の歌声が好きです。楽しそうに、伸びやかに、生き生きと、そんな言葉が似合うような鮮やかな歌声が大好きです。


どうやって締めるかとかあまり考えずに書き始めてしまったんですが、ここらで締めようと思います。

もし私が考えていることが全て杞憂だと思うならこんなことは全て忘れ去ってください。なかったことにしてください。

ただ、私はもし私が思うことが本当なのだとしたら、と思うと不安なんです。それで勢いだけで書き始めてしまったので、どちらにしろ忘れてくれて構いません。

ただ私は彼のことが大好きなので、彼のいろんな姿をこれからもたくさん見たいと思っています。貧乏学生なのでお金もたくさんはかけられないけれど、CDなり雑誌を買うことはもちろん、雑誌のアンケートにお礼を書いてみたり、出演した番組に感想を送ってみたり、できることはたくさんあると思います。

それが、ただの私の思い違いかもしれないけれど、もしこの仮定が少しでも当たっているとするなら、少しでも彼の自信を支えるものになったら嬉しいと思います。そんなのエゴでしかないと分かっているけれど、私は彼のファンなので、できることがあるならばたくさんしようと思います。


私の夢は、いつか彼のあのソロ曲を、コンサートで生で聴くことです。

リトラ・メレンゲ鎌倉&江ノ島ロケ地自分用メモ

リトルトーキョーライフ 3月16日放送分

 

元祖 鎌倉コロッケ 鳥小屋

所在地 鎌倉市小町2-10-4
営業時間 11:00~18:00 (ランチ ~15:00)
定休日 木曜日
ホームページ https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/shoukou/omise2006/data/0315.html (鎌倉市HP)
紹介されたもの ・牛肉コロッケ 1個 200円
備考 http://kamakura-komachi.com/# (鎌倉小町通り商店街HP) 7番東洋ビル1/2Fの店舗

 

まる八

所在地 鎌倉市小町2-2-22
営業時間 11:00~22:30
定休日 火曜日
ホームページ http://yoshizaki-maruhachi.com/
紹介されたもの

・焼きまる八餃子 6個 330円

・柚子餃子

備考  

 

しらたまや

所在地 鎌倉市小町2-9-17​柳沢ビルA号室
営業時間 11:00~17:00
定休日 不明
ホームページ https://shiratamaya.wixsite.com/wakou
紹介されたもの

・バジルストロベリー 550円(伊野尾)

・チョコオレンジ 500円(岡本)

備考  

 

鎌倉いとこ

所在地 鎌倉市長谷3-10-22
営業時間 10:30~17:30
定休日 不定休
ホームページ http://www.kamakura-itoko.com/
紹介されたもの

・くるみきんつば 1個 180円(伊野尾)

・栗きんつば 1個 180円(岡本)

・かぼちゃきんつば 1個 180円(飯尾)

備考 3人が行ったのは長谷本店。小町通り店、CIAL鎌倉店もあるようです

 

和風喫茶 般若坊

所在地 鎌倉市長谷2-14-24
営業時間  
定休日  
ホームページ https://s.tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14022634/ (食べログ)
紹介されたもの  
備考 外観だけ取り上げられたオバマ元大統領の来たお店

 

海老の泡雪

所在地 鎌倉市長谷2-14-17 プチメゾンC
営業時間 11:00~18:00(日曜営業)
定休日 水曜日
ホームページ

https://m.facebook.com/海老の泡雪-301637570171658/ (海老の泡雪facebook)

https://s.tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14064569/ (食べログ)

紹介されたもの

・季節のしんじょう 1個 350円

・レンコンのはさみ揚げ 1個 350円

・里芋の米粉揚げ 6個 300円

備考  

 

長谷寺

所在地 鎌倉市長谷 3-11-2
開門時間

夏時間(3~9月) 8:00~17:00(閉山17:30)

冬時間(10~2月) 8:00~16:30(閉山17:00)

拝観料

一般拝観料 大人300円 小学生100円

団体拝観料(30名~) 大人250円 小学生50円

定休日  
ホームページ

http://kamakura-teras.jp/restaurant.html (お食事処 海光庵HP)

http://www.hasedera.jp (長谷寺HP)

紹介されたもの ・寺まんじゅう 1個 300円
備考

高木くん、光くん、圭人がクイズに正解して食べていた肉を使わないまんじゅう。

海光庵さんは長谷寺境内で寺まんじゅうを販売している株式会社テラズさんの運営しているお店です

 

肉のネムラ

所在地 鎌倉市腰越3-1-22
営業時間 8:00~19:00
定休日 火曜日
ホームページ https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/shoukou/omise2006/data/0280.html (鎌倉市HP)
紹介されたもの ・自家製 焼豚 100g 350円
備考  

 

小さなパン屋 ena

所在地 藤沢市片瀬海岸1-8-18
営業時間

9:30~売り切り次第終了

(ランチ営業/日曜営業)

定休日 月・火曜日
ホームページ https://s.tabelog.com/kanagawa/A1404/A140403/14055602/ (食べログ)
紹介されたもの

・豆乳スコーン 1個 180円(伊野尾)

・ウィンナーロール 1個 160円(岡本)

・ベーグル(ゴルゴンゾーラ) 1個 200円(飯尾)

備考  

 

 

メレンゲの気持ち 3月25日放送分

 

鎌倉和食 楠の木

所在地 鎌倉市小町2-6-5
営業時間

平日 ランチ 11:00~15:00(ラストオーダー 14:30)

   ディナー 17:00~22:00(ラストオーダー 21:00)

土日祝 ランチ 11:00 ~ 16:30(ラストオーダー 16:30)

    ディナー 16:30 ~ 22:00(ラストオーダー 21:00)

定休日  
ホームページ http://www.kusunoki-kamakura.com/
紹介されたもの

八丁味噌仕立てのビーフシチュー 2700円(税込)

・季節の炊込みご飯 1296円(税込)~

備考  

 

銭洗弁財天宇賀福神社

所在地 鎌倉市佐助2-25-16
拝観時間 境内自由(社務所は8:00~16:00)
拝観料 無料
定休日 無休
ホームページ http://www.kamakura-burabura.com/meisyokamakurazeniaraibenten.htm

(鎌倉の観光ポータルサイト)

紹介されたもの 748円(←伊野尾くんの洗った額)
備考 洗ったお金を使うのがいいかは諸説あり

 

豊島屋 本店

所在地 鎌倉市小町2-11-19
営業時間 9:00~19:00
定休日 水曜不定期休
ホームページ https://www.hato.co.jp/index.html
紹介されたもの  
備考 鳩サブレー」の看板のお店

 

豊島屋菓寮 八十小路

所在地 鎌倉市小町2-9-20
営業時間 11:00~17:00(季節によって変動有)
定休日 水曜(祝日は営業/月により変わる場合があります)
ホームページ https://www.hato.co.jp/hatokoji/index.html
紹介されたもの ・本わらび餅 700円(税込)
備考  

 

定食屋 しゃもじ

所在地 鎌倉市長谷1-15-2 1F
営業時間

ランチ 12:00~15:00

ディナー 18:00~22:00

定休日

毎週火曜日

第1・3月曜日

ホームページ http://hasenowa.com/shop/201/ (鎌倉 はせのわ 紹介ページ)
紹介されたもの ・だし巻き玉子定食 1000円(税込)
備考  

 

極楽カリー

所在地 鎌倉市由比ガ浜3-9-47
営業時間

ランチ 11:30~14:30

ディナー 17:30~21:00(ラストオーダー 20:00)

定休日  
ホームページ http://gokurakucurry.com/
紹介されたもの ・極楽カリー セット 1500円(税込)
備考 1日30食限定/売切次第営業終了/予約不可

 

メレンゲの気持ち 4月1日放送分

 

片瀬漁港 (鮮魚直売所)

所在地  
営業時間 9:00~12:00(売り切れ次第終了)
定休日 土曜日
ホームページ https://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/nousui/shigoto/suisangyo/gyoko/chokubai.html (藤沢市HP)
紹介されたもの  
備考

映画「ピーチガール」で一瞬だけ登場しました!

(さえともものシーンのため伊野尾くんはいませんでした)

毎月第1日曜日9:00~12:00に片瀬漁港朝市を開催しています

 

SLAMs Buger House

所在地 鎌倉市腰越2-5-8
営業時間

平日 ランチ 11:30~16:00

   ディナー 18:00~21:00

土日 ランチ 11:30~16:30

  

   ディナー 18:00~22:00

(ランチ営業/日曜営業)

定休日 不定休
ホームページ https://www.tabisurucafe.com/slams-burger-house
紹介されたもの ・ダンクバーガー 1166円(税込)

 わさびつけダレ(伊野尾)

 だしレモンつけダレ(石ちゃん)

備考  

 

あさひ本店

所在地 藤沢市江の島1-4-10
営業時間 9:00~18:00
定休日 木曜日
ホームページ http://www.murasaki-imo.com/
紹介されたもの ・丸焼きたこせんべい 350円(税込)
備考  

 

iL CHIANTI CAFE 江の島

所在地 藤沢市江の島2-4-15
営業時間 11:00~21:00(ラストオーダー 20:00)
定休日 なし
ホームページ http://www.yyjam.com/cafe
紹介されたもの  
備考  

 

以下エリアごとの地図。赤字はリトラで紹介された場所、青字メレンゲで紹介された場所。4エリアに分けていますが、片瀬江ノ島・腰越エリアと江ノ島エリアだけ倍率小さめ。

あと場所の関係で鎌倉市佐助の銭洗弁財天宇賀福神社と鎌倉市由比ヶ浜の極楽カリーだけ入っていません。自力で探して。

 

小町通り若宮大路エリア

f:id:haruko0217:20170513232116p:plain

 

長谷エリア

f:id:haruko0217:20170513232057p:plain

 

片瀬江ノ島・腰越エリア

f:id:haruko0217:20170513232131p:plain

 

江ノ島エリア

f:id:haruko0217:20170513232126p:plain

464人に聞きました!「古参」「新規」「永遠の新規」っていつから?

この度はたくさんの方にアンケートにご参加いただきありがとうございました。なんと述べ464名の方の回答をいただきました。(この数字は送信ミスか何かで同一人物の複数回答かな?と思ったものも何件かあったのですがそれも含めての数です)

初めてのアンケートでまさかこんなに集まるとは思ってなかったので、かなり集計に苦戦して発表が遅くなってしまってすみません!!結果を楽しみにしていただいている声もありがたいことにいただいていたので、早く上げなくては!と連休を使って書き上げました(笑)さてそろそろ前置きはここまでにして本題に移ろうと思います。

 

アンケートページにも記載したようにこのアンケートはファンの間でよく使われる「古参」、「新規」それから「永遠の新規」という言葉の認識を知りたい!という私の個人的な興味の下に作られました。このアンケートには他者を貶したり、攻撃するような意図は全くありません。皆様さまざまな考えをお持ちだと思いますが、その考えについて他者を批判することのないよう、宜しくお願いいたします。

集計期間は2017年3月1日~3月31日、総回答人数は464名でした。

 

 

質問1. 初めてHey! Say! JUMPメンバーのファンになった年を教えてください。(例えば山田から知念へ担降りした場合は山田担になった時期、JUMP結成前にファンになった場合はその年を回答してください)

いつごろ担当になったかで、「古参」「新規」「永遠の新規」と思うボーダーラインに差が出てくるかな?と思ったので、まず集計してみました。水色の部分がHey! Say! JUMP結成発表前(2007年9月23日まで)、黄色の部分がHey! Say! JUMP結成発表後(2007年9月24日から)になっています。

f:id:haruko0217:20170502023019p:plain

2007年にいったん一度目のピークを迎えているあたり、JUMPがJr.の人気の頂点で結成されたのがうかがえます。このころのことはリアルタイムでは知らず人の話でそう聞く程度ですが、こうして数字にすると顕著で驚きました。

そうしてデビューしてから数年は伸びも低迷するものの2011年からは徐々に毎年獲得するファンの数を増やして2015年で二度目のピークになっています。

母数の人数がやはり全体に対して少ないので何とも言えないですが、個人的な体感では納得できる結果だと思います。ただ2016年は意外と少なかったんですね…もっと多いかと思っていました。

 

 

質問2. 現在の担当を教えてください。

まずは結果です。

f:id:haruko0217:20170502023601p:plain

今の実際のファンの分布がどれくらいかはよく分からないのですが、さすがに偏りがないとは言えない結果だと思うので、この後の結果でもこの結果を留意して見たほうがいいかもしれません。アンケートを告知していた私のツイッターアカウントのフォロワーさんに薮くん・光くん・伊野尾くんの担当さんが多いことから多少の偏りは予測していましたが、まさかこんなに偏るとは思っていませんでした…(笑)

それから、「その他」と回答した方に書いていただいた詳細がこちら。

f:id:haruko0217:20170502023635p:plain

「なし」や「不在」と回答した方はJUMPの中で特に担当がいない、という解釈をしてしまったのですが、大丈夫だったでしょうか…。それと意外とジャニーズWEST担さんがたくさん回答してくださったようです!いやはや、ありがとうございます。

 

 

質問3. いわゆる「古参」とはいつまでにファンになった人だと思いますか?

さてここからが本題です。まずは結果です。

f:id:haruko0217:20170502023735p:plain

f:id:haruko0217:20170502023740p:plain

同じような表をこの後も載せますが、この後の質問でも表の見方はそれぞれ同じです。(見やすいように月ごとで色を変えたのですが、かえって見にくかったらすみません)

数字が赤太字のものが最も多かった場所、ただの赤字は回答数が25を超えたところです。

一番回答数が多かったのが2007年9,10月、それに次いで2007年11,12月、2009年9,10月、2007年5,6月、2011年5,6月の順番になりました。

2007年9,10月、2007年11,12月、2009年9,10月はそれぞれJUMPの結成発表、1stシングル発売、ファンクラブ発足、2011年5,6月は森本龍太郎の無期限謹慎(実質脱退)と、いずれもグループにとって大きな出来事があったので納得の結果です。意外だったのが2007年5,6月だったのですが、今のJUMPの前身とも言えるHey! Say! 7のお披露目も一つのタイミングと考える人も多いのでしょうか。旧7の「Hey! Say!」発売も2007年9月だったので、JUMP結成ではなくその意味で「2007年9,10月」の選択肢を選んだ人もいたのかも。

 

質問4. 上記の回答の中で特定のタイミングがあると思う方はご記入ください。(例「○○発売まで」等)【任意】

質問3の回答をさらに詳しく書いていただいたものです。それがこちら。

f:id:haruko0217:20170502023842p:plain

質問3で挙げた理由が多かったことはもちろんですが、質問3で2012年からを選択された方の回答では「chau#発売前くらい。JUMP売れてきてる~って体感が出てくる前まで(2014年11.12月)」「露出が少ないじゃんぷを応援してた方(2013年3.4月)」という理由が多く見受けられました。人によって「人気が伸び始めた」と思う時期が違うことにより票がばらけてしまったのでしょうか。2012年~2014年各選択肢には合計で60の投票がありました。それから探偵学園Q金八先生(第7シリーズ)まで、という意見も数件ずつ。

 

 

質問5. いわゆる「新規」とはいつからファンになった人だと思いますか?

こちらも結果から見ていただきましょう。

f:id:haruko0217:20170502023906p:plain

f:id:haruko0217:20170502023911p:plain

一番多かったのが2015年7,8月、次いで2014年9,10月、2015年3,4月、2013年5,6月の順番です。

2015年7,8月は「いただきハイジャンプ」のレギュラー放送開始とJUMPがV6とともにメインパーソナリティーを務めた「24時間テレビ」の放送、と大きなイベントのあったタイミングで、2014年9,10月は「ウィークエンダー/明日へのYELL」発売、2015年3,4月は「Chau♯/我 I Need You」発売、2013年5,6月は「Come On A My House」発売といったことがありました。

質問4で触れた「人気が伸び始めた」と思われる2012年ごろから徐々に回答数が増えて、2015年が大きな山になっています。個人的な予想では24時間テレビのあった2015年7,8月や伊野尾くんがFNS歌謡祭で見つかっていたChau♯は納得なのですが(ウィーケンはあまり分からない…)、カモナはそこまで人気があった曲だったイメージもないしその時期に大きな仕事があったわけでもなかったと思っていたので意外でした。この曲って特に売り上げが良かったっけな(失礼)と思って確認したのですが、そこまで高いわけでもなく…意外です。(画像は全く別口で作っていたものです(笑))

f:id:haruko0217:20170502122257p:plain

 

質問6. 上記の回答の中で特定のタイミングがあると思う方はご記入ください。(例「○○発売まで」等)【任意】

f:id:haruko0217:20170502023949p:plain

質問4の「「人気が伸び始めた」と思う時期が違うことにより票がばらけてしまった」というのが見えやすくなっていると思います。ドラマ「金田一少年の事件簿(シリーズ4)」、「~TOUR 2014 smart」、「24時間テレビ~」など、各所露出が多くなったタイミングで票が割れています。

それと「伊野尾くん」というワードが2014年ごろからよく出てきています。露出が増え始めたのを境に「新規」かそうでないか、と考える人が多い、ということに共通しているのでしょうが、個人で名前がここまで出るのも面白いです。

質問3の『いわゆる「古参」とはいつまでにファンになった人だと思いますか?」の回答に比べて「大きなイベントがあったタイミング」というよりは「人気が伸びたタイミング」というのが、「新規」と呼ばれるかそうでないかが分かれると考えられているようです。

 

 

質問7. いわゆる「永遠の新規」とはいつからファンになった人だと思いますか?(「新規」で回答していただいた時期より後である必要はありません)

結果はこのようになりました。

f:id:haruko0217:20170502024022p:plain

f:id:haruko0217:20170502024029p:plain

多いほうから順に2015年7,8月、2014年9、10月、2007年9,10月、2007年11,12月となりました。上でも解説した通り2015年7,8月は「いただきハイジャンプ」レギュラー放送開始とJUMPがメインパーソナリティーを務めた「24時間テレビ」放送、2014年9,10月はシングル「ウィークエンダー/明日へのYELL」発売、2007年9,10月は旧7のシングル「Hey! Say!」発売とJUMPの結成発表、2007年11,12月は1stシングル「Ultra Music Power」発売といったことがありました。

2015年に大きな山ができていますが、票は2015年周辺と2007年に固まっている印象です。質問3の「古参」のボーダーラインに挙げられた場所と質問5の「新規」のボーダーラインに挙げられた場所の両方で分かれたようです。

 

質問8. 上記の回答の中で特定のタイミングがあると思う方はご記入ください。(例「○○発売まで」等)【任意】

f:id:haruko0217:20170502024055p:plain

こちらの表の赤マーカーですが、「永遠の新規はないと思う(2015年5.6月(「JUMPing CAR」発売))」「心持ち次第...(2001年9.10月(伊野尾・薮入所))」などの回答があったので分かりやすいようにマーカーを付けています。そのような回答があると予想せず「その他」欄を設けなかったことを反省。

その他は質問4、質問6と大差ない回答が得られていますが、その2つより「山田担に関しては探偵学園Qから(2007年7.8月)」のようなコメントがいくつか見受けられました。「探Q出の山田担は永遠の新規」という言葉は他担の私も幾度か聞いたことはあるので、やはりみんなそう思っているか、あるいは一種の刷り込みか…。

それとこの質問の結果に限りませんが、「自分がファンになる前までにファンになった先輩は古株の方(質問3,4/2015年9.10月(「キミアトラクション」発売))」「自分がデビュー後にファンになったのでデビュー後は永遠の新規だと思ってます(質問7,8/2007年11.12月(「Ultra Music Power」発売))」など自分がファンになった時期を基準に考えている方、

他にも「というより、メンバーによって違うと思う(質問3,4/2001年9.10月(伊野尾・薮入所))」「これも担当によって異なると思います。(質問5,6/2007年9.10月(「Hey!Say!」発売[山田・知念・中島・有岡・高木]、Hey!Say!JUMP結成発表))」など同じグループ内でも応援しているメンバーによって「古参」「新規」「永遠の新規」のボーダーラインが違うと考える人も一定数いるようでした。

 

 

結論

先に述べた通り、このアンケートは皆さんがどんな基準を持って「古参」「新規」「永遠の新規」という言葉を使っているのか、というのが知りたかっただけなので、この場では「ここが明確なボーダーラインだ!」というのを定めるべきではないと思うし、実際この言葉自体が俗語であり、ボーダーラインはないと思うのでそういった結論を出すのは控えておきます。

個人的には「担当ごと」や「ファンになった時期ごと」でも集計してみたかったのですが、このブログでさえアンケート締め切って1か月かけてようやく作成したものなので、とりあえずはこの分析結果だけを残しておこうと思います。余力があればまた後日、このアンケート結果を用いた記事を上げるかもしれないです…余力があれば…。

 

ただ、このアンケートを通して私の予想通りだった部分もあればそうじゃない部分もあり、個人的には調査してみてとても面白かったです。アンケートを取り始めたときは誰かしらに批判を浴びるのでは…を思っていましたがそういったことはなく、ありがたいことに「結果を楽しみにしています」の声もありました。

おそらくJUMPファンならずともジャニオタなら一度はこの言葉の基準が気になったことがあるという人が大半だと(私は)思うのに、タブーなのかというくらい誰も触れないことだったので好奇心だけで自己満足のためにやってみたのですが、少しでもお楽しみいただけたでしょうか。

稚拙な文章と分析能力ですが、また数年後やったら結果が変わっているかもしれないし、参考資料程度に残しておこうと思います。数年後にまたやるとは言ってません。

 

また再三ではありますが、このアンケート・ブログには他者を貶したり、攻撃するような意図は全くありません。皆様さまざまな考えをお持ちだと思いますが、その考えについて他者を批判しないことだけ、どうかよろしくお願いします。

 

長くなってしまいましたが、ここまでお付き合いいただきありがとうございました~!!

担当増やします宣言

私はるこ。は2017年4月をもって、担当を伊野尾くんから薮くん・伊野尾くんの掛け持ちに変更することをここに宣言いたします。


今日言いたかったことは、これだけ。
2017年4月ってのは自分の中でのケジメとか現実の多忙さなど色々ある上で考えて決めました。これ以下ずらずら書いてはみましたが大して内容はなく、ここに至るまでのプロセスや気持ちをうだうだと書き散らかしているのが主です。
年末の大掃除に疲れたときなどに興味が湧いたら覗いてくれたりしたら嬉しいな……!



そもそも私がJUMPファンになったのは、2010年後半〜2011年ごろのことでした。「左目探偵EYE」の頃から見ていたのですが、初めてCDを買ったのは「OVER」のため「OVER出のJUMP担」と言ったほうが分かりやすいのでそう言うことにしています。
元は嵐ファンだったのですがそのときに嵐から徐々にJUMPに気持ちが移っていったのでJUMPファンになったころがはっきりしないように上、なんせ中学のころの話なのであまりよく覚えていないことも多いのですが、その頃から(今も変わらずに)伊野尾くんの顔がJUMPで1番好みだったことははっきり覚えています。嵐が好きで買い始めたアイドル誌をパラパラと捲りながら「あっこの人イケメン♡」って思ったくらい好きなので、個人的なジャニーズ内好きな顔ランキングでもかなり上位です。だって顔が1番好きだから興味を持ってのちに伊野尾担って言い始めたんですもの。
当時薮くんのことはどう思っていたか、正直こちらも覚えていませんが申し訳ないけどJUMPの顔の好みの順番で言ったら後ろから数えたほうが早い場所にいたと思います。ただ最年長でしっかり者かと思いきや抜けてたりよく分からない行動をとったり、かわいい人だな〜とは、思っていた気がしないでもない…。当時も興味は向いていたのかなぁ?まあそのころからBESTも好きだったし、薮くんの書く歌詞も割と好きでした。
ただそれから「(伊野尾担だけど)薮くんも割と好き」から進歩することはなく、2014年には一旦JUMPから離れてしまいました。まあ結局、無事にJUMP沼に戻ってきたんですけど。

私がJUMP沼に逆戻りしたのは2015年4月6日、その日はHey!Say!JUMPがV6と共に24時間テレビのメインパーソナリティーに決定した日でした。
伊野尾くんが黒髪パーマから茶髪マッシュになっていたことに少なからず衝撃は受けたものの当時と変わらず顔が好み。という理由で、再び私は伊野尾担になりました。
ここまで伊野尾くんに関して顔が好き顔が好きとしか言ってないのですが、私ちゃんと内面も好きですよ!?「内面[も]」とか言ってる時点でアレですが、やっぱり顔が好きで伊野尾担になったものの独特のゆるさとか、その割にちゃんと芯の通った考えを持っているところとか、ちゃんと好きです。
とはいえ顔が好きじゃなきゃ興味持たなかっただろうし、山田くんの名言「外面が好みじゃない人の内面を知ろうとは思わない」には全面同意。

薮くんを好きになっていったのは、それからです。歌声や仕草、ひとつひとつの言葉など、最初なんとなく目が離せなくなって、見れば見るほど薮くんの魅力もダメなところも見えてそれら全てが愛おしくなって、じわじわと侵食するように薮くんが心を占めていきました。薮くんのここが好き!これも好き!って言ってるうちに「私は伊野尾担です」は私の持ちネタになっていました(笑)
ただそれでも伊野尾くんが好きだったのは事実です。「担当は1人」という固定観念があったので「薮くんを好きになっちゃいけない」と思っていた時期もありました。Twitterで「薮くんが好き!」と呟いたあとに「伊野尾くんのこと全然話してない」と罪悪感を感じて、思い出しながら伊野尾くんのことを呟いたこともありました。なんやかんやで辛かったけど、薮くんに担降りするか?と聞かれたらやっぱり伊野尾くんが好きだったので、担降りはできないし…。
気持ちというのは揺れ動くもので常にイーブンな訳ではないのですが、薮くんに対する「好き」も伊野尾くんに対する「好き」もベクトルが違って比べることなどできず、どちらも私にとっては「1番好き」なのです。だからきっと、担降りしたら後悔する。けれど薮くんだって好きだから、「伊野尾担」の4文字は私にとってしがらみでした。
そのころ「担降りブログ」なるものをいろいろ読むようになり、そのときに見つけたのがこのブログでした。


このブログの中の「自分が掛け持ちを許せるのなら、掛け持ちでもいいのでは?」という一言で、なんだかすごく気持ちが楽になったのを覚えています。他グループ掛け持ちとグループ内掛け持ちの違いはあるものの、誰が1番かと聞かれても皆1番だというのも、それぞれ違う景色を見せてくれるから楽しいというのも、首が取れるほど頷くくらい、共感しました。
1番が2つあっちゃいけないなんて誰にも言われなかったけれど、1番はひとつじゃなきゃいけないと思い込んでしまったから、辛かった。○位タイって言葉もあるし、別に1人だけじゃなくてもいいんだ!と。

そしてその気持ちをさらに強めたのは、10月9日に参戦したコンサートでした。コンサート超最高で泣いた!って話は何度もしてたので私をフォローして下さっている方には耳タコだと思います(笑)
コンサートに参戦するに当たって、うちわもフォトセもポスターも薮くんと伊野尾くんの2人分(ファイルは集合)購入し、手作りうちわは「薮」「いのちゃん(普段はこんな呼び方しないからこっぱずかしかった)」とメッセージ2つを用意して、双眼鏡でどちらを追うかは最後の最後まで迷って、最終的にはその場での気持ちに任せることにしました。
実際どっちのほうが見てたかと問われると、それは多分薮くんですがそれはあまり重要ではなくて、コンサートに参戦して分かったのはやっぱり伊野尾くんも薮くんもそれぞれとても好きだということです。まあJUMPみんな好きなんですけどね?その中でも特別に好きなのはこの2人だと、分かったというか、分かっていたけど再確認したというか。


そうして2016年10月12日、私は一時的な担当なし宣言をしました。
掛け持ちをしたいけどこの気持ちは一時的なものではないか?2人を応援できるのか?そもそも財布は大丈夫か?等々、さまざまな不安があったのでどうやって応援していくのがいいか、それともやはり伊野尾くんだけ、や薮くんだけに絞った方がいいのか、いろいろと模索する期間を取ってみました。
その「担当なし」期間の2ヶ月半で分かったことは、

・気持ちのままに好きだと言えるのが楽だということ
・薮くんに対する「好き」はそう簡単になくなりそうもないこと
・自分の中でのルールを準備する必要があること
・やっぱり財布はスカスカだから、我慢しなければいけないことは多くなるということ
・「伊野尾担」というしがらみなしに薮くんも伊野尾くんも応援できるのが楽しいということ

この2ヶ月半、いろいろ悩んだりはしましたがやってみたら楽しいし、自分に合っている応援の仕方がなんとなく分かったような気がしました。どうせ趣味だから楽なのが1番だよね!という元からの楽観主義も手伝って、2人を応援するのはとっても楽しいです。
「自分の中でのルール」というのは、2人を同じように応援するために作ったルールです。露出の量や分野が違うので同じようにお金を出すことは難しいのですがせめて「コンサートのグッズは同じだけお金をかけたい」という気持ちがありました。
……が、昨日薮くんのファイルだけうっかり買っちゃったんですよね〜。あんまりビジュアルがよかったもんで。そのことに罪悪感がなくもないのですが、「欲しいものは(予算内でなら)欲しいままに買っても自分を許してあげる」のが1番楽かな、と思ったので許してあげることにしました(笑)
このルールブックはこれからも書き加えたり変更したりして作っていくつもりです。
懐は寒いですが、グループ内掛け持ちなので他グループとの掛け持ちのように単純に「かける2」になるわけではないですし。

そういうわけで、私は2017年4月から薮くん兼伊野尾くん担当となることとなりました。
ずいぶん長々と書いてしまいましたがここまで読んでくださった猛者はいるのでしょうか…。まあただの自己満足なので、読んでくださったところで何か得があるような話ではありませんが(笑)

このブログを公開する必要は別に無いんじゃないかと思ったのですが、私が悩んでいたときに助言をしてくださったフォロワーの皆様と、先ほど紹介させていただいたブログで「担当増やしましたブログがあったら読んでみたい」と仰っていた筆者のたむ様への感謝の気持ちとして残させていただきます。

ちなみに、4月に担当が2人になりますが実は既にアプリケーションソフトウェアの嫁(男声)が1人いるので、正確には私の気持ちは3人それぞれに向かっています。みんなそれぞれ1番好きで、1番愛おしいのです。
最後になってしまいましたがTwitterや時折ブログで騒がしいと思いますが、2017年もどうぞよろしくお願いいたしします。

12月31日 はるこ。

Hey!Say!JUMPにカバーしてほしいVOCALOID楽曲20選

 

突然ですが、私はジャニヲタであり、かつボカロ廃です。


ボカロ廃の中にはジャニタレを疎む人もいるし、ジャニヲタの中には機械音声が理解できないと言う人も多いのですが私は幸運(?)なことにどちらも大好きなのです!


ということで今回は、
「Hey!Say!JUMPにカバーしてほしいVOCALOID楽曲20選」
です!イエーーイ!!


誰得かと聞かれたら俺得でしかありませんが、こまけえこたあどうでもいいんだよ!精神で生きているのでお察しください。(基本的にはJUMP担あるいはJUMPが好きじゃないとなんのこっちゃだと思いますが、ボカロの知識に関しては「こないだのらじらーで『六兆年と一夜物語』を聞いたから少し気になっている」程度の人でも読めるくらい…だと思います。面白いかは別ですが。)


今回の選曲はメンバー各個人に2曲、グループに2曲を選びました。できるだけ違うイメージの曲にしましたが、歌っているVOCALOIDもジャンルも極端に偏っているのはこの際無視してください、どうせ趣味なので……。
あと選曲は曲と雰囲気重視で歌詞は二の次なので、これ女性目線だけど!?とか思っても気にしないでください…雰囲気重視です。大切なことなので二d(ry

それと、どれもこれも有名なミリオン曲ばかり入っていても面白くない(というか私が最近の有名曲をそんなに知らない)けど、あんまりマイナー曲ばかりでもつまらないだろうことを踏まえた選曲ですが、どれも名曲には違いないので、もし気になった曲があればぜひぜひ聞いてみてください!ニコ動はTwitterアカウントがあればあっという間に登録できます!


ここで軽く私の自己紹介をしておきますと、JUMPは薮くん伊野尾くんをどメインに据えて応援中ですが、まあグループまるっと好きです。
ボカロはKAITO中心にクリプトン組(MEIKO、ミク、鏡音、ルカ)やぽいど兄妹(がくぽ・GUMI)などの日本語ボカロをよく聞きます。最近のはよく分からん。UTAUは少しかじってる程度です。


前置きが長くなってしまいましたが行きます。ここまで読んでいただいてアレですが、なんせ20曲紹介するためめちゃくちゃに長いので、暇で暇で仕方が無い時にお読みください…。

 

 

 

表記→曲名(作詞,作曲,編曲者/使用ボカロ・UTAU)

 

山田涼介

paranoia(めざめP/初音ミクAppend)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm17239967

ミスヴァのころの触れたら崩れそうな繊細な歌い方と、重めのバラードが好きそう(偏見)というイメージからのチョイス。この曲はアペミクの細く透き通った声と、曲の中だと強く際立つシンプルな日本語の音の美しさがとにかく印象的なのですが、少し前のダヤマのまだ少し不安定で危ない色気のあるあの声で歌って欲しいと思いました。
paranoiaとはつまり「被害妄想」という意味を持つそうです。

 

・威風堂々(梅とらP/巡音ルカ,初音ミク,GUMI,IA,鏡音リン)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm19233263

そもそも一人で歌えねえじゃん!ってツッコミは置いておいてください。
歌い出し(?)は喘ぎ声で始まる、とにかくセクシーな歌です。挑発的な歌詞とラップなどが挟まれてコロコロ変わる曲調で、とにかくとことんエロっちく魅せるダヤマが見たいです(真顔)
この曲はもちろんYes!!のダヤマのイメージです!!!どんな吐息遣いでどんな表情をして、ついでにどんなダンスを魅せてくれるか…。雄也のほうにもセクシーソングを選びましたが、雄也とは違ってゾクゾクするほどの美術品のようなエロさを魅せて欲しいですね。言っていることが分からない?Don’t think, FEEL!!

 

 


知念侑李

・te-yut-te(フェイP/鏡音リンAppend)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm14808982

とにかくかわいい歌!ということでチョイスしました。「ワールドイズマイン(ryo)」(sm3504435)じゃないの!?って思う人も多いでしょうし正直私も迷ったのですが、ツンデレちねちゃんももちろんかわいい姿を見せてくれるだろうけど、それなら最初っから最後まで思いっきりとびっきりの「可愛い♡」を演じてくれる姿が見たいので!!という理由でチョイスしました。原曲は純粋に照れてるイメージの曲ですが、知念ちゃんが歌ったらかわいいこと言って惑わす感じになりそうなのも面白そうじゃない?……原曲とカバーの相違が苦手な方には、すんませんm(_ _)m

 

 


中島裕翔

・夢地図(40㍍P/GUMI)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm14308995

最初に「曲重視です!」と言いましたが、これは歌詞も含めてのチョイスです。曲調は爽やかなバンドサウンドで、裕翔の若く明るい声によく似合うと思って選びました。
肝心の歌詞の方なのですが

現実に躓いて 夢の前で転がって うまく辿り着けなかったとして
原因はいつだって僕の内側にあって 打開する術をいつも探してる

この歌い出しの部分はじめ、裕翔が一万字インタビューなどで語っていた自分の武器を模索していた時期のことを思うと、なんというかもう、堪らないですよね!!!(語彙力ゼロ)
自分の創り上げるものを信じて進んで行こう、という前向きなメッセージの詰まった歌なのですが、裕翔の明るくてまだ少年のようなあどけなさが残る歌声で歌って欲しい楽曲です。

 


知念中島

・うそつきと迷子の一千年(マイゴッドP/KAIKO(GUMI),MEIKO,KAITO)
(表記がややこしいのですが、KAIKOはKAITOから派生したいわば女版KAITOで、KAITOの声が女声っぽくなるようにしたものが本来のKAIKOの声です。ですが今回の楽曲では、キャラクターのKAIKOにGUMIが声を当てています)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm12545934

手抜きやがってwwって思った人もいらっしゃると思います…正直、どっちにするかでなかなか決め切らなかったので、曲の中でキーパーソンになるKAIKO(GUMI)
MEIKOをそれぞれ歌って欲しい!ということにしておきました。
曲調はこれもバンド構成なのですが、爽やかでありつつも切なくて、がっつり歌い上げて聞かせる曲なんですよ。幼馴染の男の子に2人の女の子がそれぞれが好意を抱きつつ、でも心地よい三人の関係を壊したくない。
その曲の雰囲気に、もう少年でもないけど、大人と言い切るには少しあどけない青年期の2人の声が、曲中の3人の子供時代から前に進めないもどかしくて危うい関係とよく合うんじゃないかなぁ、と。

 


岡本圭人

・へなちょこナイト(damel(作詞),エキセントリックP(作曲)/KAITO)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm2175318

代表的な可愛い兄さん楽曲です。タイトルからも伝わりますでしょうこの可愛らしさ!!!
おてんばな「君」に振り回されつつ、

君が決めていいよ 僕はただのナイト

と君の全てを受け入れてくれて、転んだら手を取ってくれる優しいナイトがまさに紳士的で優しくて、でもちょっぴりへなちょこな圭人にぴったり!!
ほのぼのとして可愛らしさがぎゅっとつまった歌詞と曲調が圭人の暖かな陽だまりのような優しさとリンクします。圭人が歌うなら絶対にコレ!!とチョイスしました。本当にかわいい!

 

・About me(蝶々P/GUMI English)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm22820339

先ほどとはうって変わって、大人びた切ないオサレ曲です。「GUMI English」でお気付きかと思いますが、一部を除いてほぼ全て英詞の曲なのもチョイスの理由の一つです。
圭人の声って結構ハスキーで、他のメンバーとはまた違った落ち着いた大人の色気を持っていると思うんですよね。喧嘩した恋人が次の日に亡くなってしまい、その何年後かに新しい恋人ができるのだけどまだ過去のことを断ち切れないまま…という歌詞なのですが、圭人のあのじんわりと心の中に染みてくるような歌声で聴いてみたい。というかみんな圭人の声をもっと聞きたくないんですか!?なかなかセクシーでいい声してるし、「3月14日〜時計」なんかは圭人のハモりが甘い甘いラブソングを少し穏やかなイメージにしてるんだと思うんですよね…。
ダヤマや雄也のような危うい色気ではなくて、落ち着いた暖かな色気を纏った圭人の声、この曲によく合うと思います。

 


有岡大貴

・Fire◎Flower(halyosy(作詞,作曲,編曲),is(編曲)/鏡音レン)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm4153727

圭人もなかなかだったけど、大ちゃんもかなり両極端な選曲になりました。まずは大ちゃんの「少年らしさ」からイメージした曲です。
halyosy氏の代表的な楽曲なので、ボカロ好きなら聞いたことある人も多いと思いますが、これゲーム(「初音ミク-Project DIVA- F」(HP:http://miku.sega.jp/f/ps3/ )初収録)の演出もニクいんですよねーっ!!!
ステージで歌い踊る少年と、海で遊ぶ少年少女。これだけだとただの挿絵でしかない演出ですが、曲のクライマックスでは少年がたくさんの観客がいる中で一緒に遊んだ少女に向けて歌うんです。
少年期の恋と夢の狭間で揺れる心を花火に重ねて、爽やかなロックに乗せて疾走感たっぷりに歌い上げるこの楽曲、大ちゃんに

「最初から君を好きでいられてよかった」なんて 空に歌うんだ

なんて、自分だけに向けて歌われたらドキッとしませんか…?あいにく大ちゃんは私のリア恋枠ではないんですが、あのキラキラした瞳に見つめられてそんなメッセージ届けられたら誰であろうと胸キュン必須だと思います…。
(実は小説がめちゃめちゃ良いと聞いたから軽率に読みたい)

 

・Loops and Loops(頑なP/KAITO V3)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm20094772

(KAITO V3はセルフカバー版で原曲は巡音ルカver.(sm17535521)です)
二曲目は曲調が180度変わりますが、チョイスの理由は一も二もなく「大ちゃん好きそうじゃん…?(偏見②)」
ルカのほうの原曲はR&B×dubstepKAITO版はuk garageだそうです(ジャンル名聞いてもピンと来ない)。わたしゃそっちのジャンルは正直、ボカロやらアイドルやらを通してしか聞かないので「うわシャレオツ!」って感想しか出ないのですが…。
「My Girl」の歌声が大ちゃんじゃなくて大貴さん!って感じでもうどひゃーってなるくらい(語彙力)かっこ良かったので…ぜひ歌って欲しい…。英詞がまあまあ多いんですがそのへんは…私はたどたどしいのもそれはそれで好きですけどね。

 


伊野尾慧

・おちゃめ機能(ゴジマジP(ラマーズP)/重音テト(UTAU))

http://www.nicovideo.jp/watch/sm10244728

http://www.nicovideo.jp/watch/sm12276096

ボカロ曲じゃなくてごめんなさい\(^0^)/
まあでもニコ動だとUTAUも「VOCALOID」カテゴリーで投稿できますし、ラマーズPは正真正銘のボカロPなのでいいよね?ね!(強行突破)
この曲、意図してのことか分からないんですがウ段がやたら多いんですよ。テトさんのウ段がかわいいからとかそういう理由なのかな?知らないけど。
伊野尾くんの歌い方見てたらすぐ分かると思うんですけど、彼もウ段の発音がかなり特徴的なんですよね。あと伊野尾さんのあのミルキーのように甘〜いキャンディーボイス(?)がポップで明るい曲調によく合うし、真面目に聞いたらトンチキな歌詞でも可愛らしく仕上げてくれるんですよね!
余談ですが私に時間と技術があれば、間違いなく伊野尾くんでかの有名な「吹 っ 切 れ た」トレスMAD作ってました。

 

・誰でもいいから付き合いたい(卓球少年/鏡音レン)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19480546

言わずもがな。モテない男が「もう誰でもいいからぁ!!」と叫びながら奔走する動画…特にオチもストーリーもないですが、伊野尾くんなら楽しくやって見せてくれそうだなあ…とw
本当にそれだけの理由でチョイスしてしまったからこれ以上書くことがないです…。あっコミック買ったんですが(KAITOが表紙にいたので)普通にギャグ漫画として面白かったですので電車で読むことを推奨します!

 

髙木雄也

・Just a game(takamatt/GUMI)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm10933505

ボカロ曲では珍しいダンスホール・レゲエというジャンルだそうです。こういうのもレゲエになるのは意外でした。いのひかがJUMQで「レゲエやりたい」って言った時にこういうのならいいかも…とか思ったとか思ってないとか。
それはともかく、雄也に選んだ楽曲は2曲ともとにかく色気マシマシで歌ってくれ!って楽曲です。
ダヤマのときにもちらっと言ったんですが、ダヤマが美術的なエロさだとしたら雄也はどこまでも生々しいエロさなんですよね。ちゃんと質量を持ってそこに存在してる感じ。
この曲って一番最初がとにかく特徴的な曲なので「前奏www」っね言われがちなんですけど、私はこの前奏あってのその後の部分だと思うんですよね。むしろ雄也には前奏部分をこれでもか!!ってほどにねっとりと歌い上げてほしいです。
その後はダンスが踊れるのを重視してあったり、歌詞の韻の踏み方が綺麗なので、歌の雰囲気とは裏腹にスピード感もあるんですよね。男と女が繰り返す過ちを雄也のフェロモンたっぷりの声で歌いながら、長い足を生かしてしなやかに踊って魅せて!

 

・Sweet Devil(q*Left(作詞),八王子P(作編曲)/初音ミク)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm9711503

実はイメージとしてはIGASIO氏によるKAITOカバー(sm20050091)だったりします。女性(少女)目線の曲ですけど、男声で聞くとまた違った印象になるので好きです。
タイトルのとおり小悪魔な少女が挑発的に色っぽく

だってこういうの好きじゃん

なんて誘うんですけど、雄也の男らしくて艶っぽい声で囁かれたらゾクゾクしそう…。
これ雄也の声で歌ったらえろいだろうなー!って思って、むしろそれだけのために選曲したので、とことんその声で女心を翻弄してほしいですねー!!

 


八乙女光

・セフレ(モナカ(ナナホシ管弦楽団)/GUMI Power)

http://www.nicovideo.jp/watch/nm16923494

「おいお前俺の自担に何を…」ってナイフ構えた人もいると思うんですがとにかく落ち着いてください!!タイトルはアレですが、正直「今夜、貴女を口説きます」のほうがエロいです。
曲調としてはスピード感のあるロックで、

ネオンサイン舌で撫でて 黄昏を染める

恋人気取り能無しジゴロ 馬鹿はどうやったって治らない

のような耳に残るワードも多くて、聞いていてすごく気持ちがいいです。
イメージとしては「憧れのEgoist」とか「UNION」の光くん。挑発的で独特のフェロモンを持ってる光くんの歌声で聴かせてほしいです。光くんの歌声って別に生々しくエロいわけじゃないんですけど、明るさに隠した翳りのある表情や声がこの曲の背徳感によく似合う気がします。

 

・Dog Day Afternoon(ラムネP/鏡音リン)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm3846872

光くんの2曲目は結局なんだかんだと最後まで悩みました…。
夏になると聞きたくなる爽やかなリン曲です!今すぐに駆け出したくなるようなこの曲を、明るくて色鮮やかな光くんの声で歌って欲しい!
実はこの曲含めて5〜6曲の候補をあげていたのですが、結局最後の決め手は、声が合うかどうか、でした。
かわいい声×爽やかな曲って、あまりかわいく甘ったるいだけの声だと曲の爽やかさについていけなくなっちゃうと思うんですが、リンちゃんのかわいらしいけれどハキハキした声だからこそ歌えるこの曲に、光くんの可愛いけれど力強さのある歌声を乗せたいと思いました。

 


薮宏太
・スノーマン(halyosy/KAITO V3)
ゲーム「初音ミク Project mirai 2」(HP:http://miku.sega.jp/mirai2/ )のための書き下ろし)
これニコ動に投稿されたものじゃなくてゲームのための書き下ろしなので実は原曲はニコ動に無いんですよね。ファンが投稿したプレイ動画やPVはありますし、ゲームを持ってなくても近所のゲーセンの「初音ミク Project DIVA Arcade」(HP:http://miku.sega.jp/arcade/ )で100円でプレイやPV鑑賞できますのでぜひ(ステマ)。
それはさておき、この曲ってアーケードでプレイすると8頭身のKAITOが踊るんですが、そのダンスも含めて薮くんにカバーしてほしいんですよ!
薮くんのダンスって長い脚や手の扱い方のしなやかさや美しさがとても印象的なのですが、スノーマンのダンスも脚捌きが特徴的なのできっと綺麗に踊ってくれると思うんです…!
この曲調のほうは民族調…に入るんでしょうかね…?正直よく分からんですが、雪が積もる冬に生まれた雪の精が1人の少年の願いを叶える手伝いをする、という物語です。
薮くんは高音域も強いし伸びのいい声をしているので、(さすがに原キーはかなり高いので無理だと思いますが)力強さのあるまた原曲とは違った印象のスノーマンになりそう。しかし「IZANAMI」の時に感じたのですが、力強さを持っているのに吹けば消えてしまいそうな儚さが、春になれば消えてしまう雪の精の儚さに重なるんですよね〜!!
…実は今回これが言いたいがために書き始めたようなものなのでやたら長くなってしまった。この辺りにしておきますが、IZANAMIもスノーマンも楽曲そのものもパフォーマンスを含めても素晴らしいので、まだ見たこと無い人は是非に!!!

 

・rain stops,good-bye.(におP/初音ミク)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm3075492

2曲目も切ない歌になってしまった。こちらはタイトルの通り、雨上がりの空に歌うような繊細なバラードです。
この曲をセレクトしたのは「KISS Diary」の歌い出しのイメージなのですが、薮くんの歌声を語るときにしなやかさと上品で穏やかな色気って外せないと個人的に思っているので、その声でぜひこの曲の繊細な片想いを歌って欲しい…!
それからこっちは「My Everything」のイメージからなのですが、薮くんは一つ一つの言葉を大切に丁寧になぞるように歌うイメージがあるので、歌詞が美しく、言葉の機微が優しいメロディにのって染みてくるこの曲を選びました。
この曲は叶わない片想いなのに、イメージに挙げた曲がどちらも幸せな曲なのは気にしないで欲しい。

 


Hey!Say!JUMP
ディストピアジパング(cosMo(暴走P)/GUMI)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm15603633

最後はグループで。私が抱くJUMPのイメージって「闇を食ったような世の中でも光を目指してただ真っ直ぐ進んでいく」グループなのですが、まさにこの曲。歌詞を読んだら分かると思うので引用。

誰かを励ますことを躊躇うくらいに 明日に希望は抱けないけれど
同じ時代生き 共有した運命を 解かり合って寄り添うくらいならできる

ディストピア(≒希望のない世界)を力強く、共に生きてくれる存在。そんなこの曲がJUMPのイメージに強く重なります。

 

・Love*3(黒うさP/KAITO,(Milia,びえん,うさ(いずれも歌い手さん)がコーラス参加)http://www.nicovideo.jp/watch/sm2788569

もう一曲はバラードをチョイスしました。黒うさPといえば「千本桜」(sm15630734)「カンタレラ」(sm2393562)などが有名だと思うのですが、これはそれらと肩を並べていいくらいの隠れた名曲だと思います…!
この曲は素直な分かりやすい言葉でストレートに思いを伝える暖かなラブソングで、「Very Very Happy」や「はじまりのメロディ」など、まっすぐに私たちに歌を届けるJUMPのイメージで選びました。
穏やかで明るいこの曲に、きっとJUMPの歌声がよく合うと思います!!

 

 

 

一通り終わった〜〜〜!!!あー、長かった。
こんなこと書いてたらスク革でミクさんが歌舞伎やってたりするのも放送されてびっくりしたよ。
書きながらボカロ廃からもJUMP担からも叩かれそうなことばっかり書いてるな〜…とは思ったのですが趣味ですので…。
性癖ぶつけてるだけだろお前!って言いたくなるような選曲の人も何人かいるだろって言われたら否定できないんですけど、そもそも好きな曲って時点で凝縮された性癖を麺つゆのごとく伸ばしただけですので、どうしようもないです。

それから、VOCALOID楽曲っていわゆる厨二楽曲などのイメージが強いと思うんですが、ボカロPにはいろんな人がいて、いろんなボカロ曲があるんです。ラップやR&Bを歌う子もいれば、オペラのカバーをする子もいます。
私が好きなKAITOは民族調楽曲や和風楽曲、クラシックなどが強いので、厨二な曲よりも断然よく聞くほどです。
いろんなジャンルの楽曲をボカロを通して聞くことで新しい音楽の世界を知ることができるのは、ボカロの大きな魅力の一つだと思います。

 

最後に、この人にこの曲?とか、この人はこっちのほうが合うだろ!って意見がある人もいらっしゃると思うんですが、そういう人はぜひあなたもJUMPに歌わせたいボカロ曲ってテーマでブログ書いてください!ってか私が読みたいです!
長くなりましたが、最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

(紹介した動画などでこのブログの名前を挙げる行為や、他の視聴者に不快な思いをさせる行動は絶対におやめください。)

 

いただきハイジャンプが1周年を迎えた話

2014年12月30日、この日初めて「いただきハイジャンプ」が放送されました。

「国民プロデューサーの皆様から企画をいただき、芸能界の頂を目指す」というテーマで始まったこの番組は2015年6月10日の2回目の放送では今と同じく「番組に寄せられた一大事を解決していく」というテーマになり、その年の7月8日、「いただきハイジャンプ」はHey! Say! JUMP初めての冠番組として、レギュラー放送第一回目が開始されました。

つまり2016年7月8日で、「いただきハイジャンプ」は1周年を迎えます。

 

ということで、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが私が(ほぼ)毎週Twitter上で更新しているいただきハイジャンプの今週の一大事とロケメンバーをまとめた通称「いたジャンまとめ」の一覧表、それからこれまでの統計を簡単にではありますがまとめさせていただきましたので、ご紹介したいと思います。

ブログをほとんど書いたことがなく、ご覧のとおり読みにくい文章でつらつらとかなり長く書いてあるので暇で暇で仕方がない!というときの閲覧をオススメします。

 

それでは、まずは表の見方からざっくり説明させていただきます。

左から順に、

年/月/日・・・放送年月日です。放送時間は番組ホームページの表記にしたがって「水曜25時25分から」になっております

回・・・レギュラー放送の放送回数です。パイロット放送や「いただきSUPERハイジャンプ」は別カウント

MC・・・その週の不定期MC

一大事・・・その週の一大事。ロケ冒頭でメンバーに渡されるフリップと同じものです

山田~薮・・・その週、ロケに行ったメンバーをメンバーカラーで塗りつぶしてあります

備考・・・主に自分用のメモです。放送で気になったことを書いていたりいなかったり。

となっております。

 

それでは、前置きが長くなってしまいましたが一覧表とこれまでのまとめをご覧下さい。

まず、Twitterでも毎週更新している表、これまでの分全てとなります。

 

f:id:haruko0217:20160707032510p:plain

表の大きさに対して文字がかなり小さいのでスマホからだと見にくいと思いますが、この表に関しては「これだけたくさん放送したんだ!!」と驚いてもらえたら充分です(笑)

(4月27日放送の岡本が「●」となっていますが、ロケの途中で呼び出されたのでこの形式にしています。回数などは全て一回としてカウントしています)


ちなみにパイロット版第1回放送を除いて44回放送されたうち、各メンバーが一大事を解決した数は全員で解決した4回を除き、山田15回、知念12回、中島11回、岡本12回、有岡13回、伊野尾11回、高木15回、八乙女14回、薮13回、平均して約12.9回となっております。

ほぼ同じものですが、上の表を簡潔にまとめたものがこちらになります。

f:id:haruko0217:20160707042155p:plain


これまで2回のパイロット放送、41回の通常放送、2回の「いただきSUPERハイジャンプ」で解決した一大事の数は57個に上ります。その中では、いたジャンの看板ともいえるであろう「夢中(ゆめなか)企画」や、東京・千葉・神奈川の三県を跨いで調査した「大型犬ランキング」など、シリーズ化された一大事も多く生まれました。

以下、複数回放送されたシリーズ別の一覧です。

 

  •  夢中企画

f:id:haruko0217:20160707033837p:plain

シリーズものの中で放送が7回とダントツで多いのが子どもの苦手なものの妖精に扮したメンバーが夢の中で苦手を克服させる、という「夢中(ゆめなか)企画」でした。それぞれ枠の中に書かれたものがメンバーが扮したもの、そのうち太字のものが子どもが苦手なものです。

野菜や動物などの格好をしてメイクを施し、子どもと触れ合う姿が印象的なこの一大事はいたジャンの名物企画といっても良いでしょう。

  •  デカ盛りハイカロパf:id:haruko0217:20160707034214p:plain

デカ盛りを食べて一円あたりのカロリーが高いのはどれかを当てる「デカ盛りハイカロパ」は、一大事としては3つですが週を跨いで放送されることもあったため、5回放送されています。どの回もインパクトのある食べ物と、助っ人タイムを獲得するためのゲームが印象的でした。

顔面洗濯バサミの八乙女プロが生まれたものこの一大事でした。

 

  • 大型犬ランキング

f:id:haruko0217:20160707034658p:plain

各県で飼われている1番大きな犬を訪ね、ランキング形式で発表していくこの一大事は3回放送されました。大きな犬と戯れ、ときに遊ばれるメンバーたちの姿が見られる企画でした。現在の1位の140cmを超える大型犬は、これから現れるのでしょうか。

 

  • 反則勝負

f:id:haruko0217:20160707035230p:plain

どんなにせこい手を使ってでもチャンピオンに勝て!というこの一大事も3回放送。

チャンピオン相手に苦戦するメンバーの焦った顔や悪い顔などが見られる、ファンにはたまらない企画です。

 

  • ウェルカムボード

f:id:haruko0217:20160707035200p:plain

お店の集客数アップのためにオリジナルのウェルカムボードを作ろう!というこの一大事は3回放送されました。

どのメンバーもそれぞれ技巧を凝らし、知恵を絞ってオリジナリティー溢れる作品を仕上げていました。みなさまもお気に入りの一枚があるのではないでしょうか。

 

  • 最恐の吊り橋

f:id:haruko0217:20160707035927p:plain

細くて高い吊り橋を探して2回放送されたこの一大事。スペシャルでの放送では山形でロケが行われました。薮くんと山田くんのコミカルなやり取りは2人の信頼関係を感じさせます。

 

これまでさまざまなロケに出かけて一大事を解決してきたメンバーですが、ここで気になるのはどのメンバーとどのメンバーがどれだけロケに行ったのか?というところ。そちらももちろんまとめました。

f:id:haruko0217:20160707041037p:plain

2015年の最後に一覧を出したときはまだ穴ぼこだらけの表でしたが、差はあれどこの半年で全て埋まりました。そのなかで最も多くロケに行った組み合わせは薮と山田の6回、最も少ないのは高木と中島、伊野尾と有岡、薮と知念のそれぞれ1回。

普段、コンビ扱いされることの多いやまちね(山田と知念)は4回、ありやま(有岡と山田)も4回、やぶひか(薮と八乙女)は3回、いのあり(伊野尾と有岡)に至っては1回と、あまり目立った結果にはならなかったのは、いたジャンでは普段見られないメンバーの組み合わせで起こる面白さを模索しているのでしょうか。

 

今回紹介させていただく表は、以上で全てとなります。

大して面白みもないただの総まとめでしたが、いかがでしたでしょうか(と聞かれても困ると思いますが)。

そもそもこの表を作った目的のひとつは、これからファンになる人やJUMPを他の人に勧めたい!という人のお役に少しでも立てれば、というものです。JUMPに興味があるから過去のいたジャンを見てみたいけれどどれを見たらいいか分からない!あるいは、バラエティにおけるJUMPのよさを紹介できるのはどの回だろう?という人がいれば、どうぞこの表を使ってやってください(ちなみに私自身がこの表を活用したのはDVDにダビングしてラベルを書いたときくらいです…)。

このブログは基本的にリンクフリーですし、自作発言をしなければこの表の保存・転用もOKです。転用元や作者の表記、こちらへの報告も皆様にお任せします。

ただし(ほぼ)毎週更新していくものなので、最新のものが知りたい!という片は私のTwitterアカウント(@haruko_hsjlove)をご覧下さい。個人的な都合で放送後すぐに更新できないこともあると思いますが、出来る限りすぐに更新しております。

 

この表はあくまで一個人の趣味で作ったものですので、無いようには努めていますがもしかすると間違いや、そうだと思わせてしまうような表記がある可能性がございます。気付いた方はお手数ですが、このページのコメントまたは私のTwitterアカウントまでご連絡くださると嬉しいです。

 

長くなりましたが、ここまで閲覧していただきありがとうございましたm(_ _)m